カード金利を比較して選択する

クレジットカードやカードローンは、金利が低いほうが当然有利です。
金利とは元金の他に支払うお金で、この部分は全体の支払額に大きな影響を及ぼします。

カードを比較するには一枚一枚比較するのは面倒なので、カード比較ランキングなどを参考にすると簡単に比べることが出来ます。
カードは銀行系や消費者金融系などいろいろありますが、現在では法外な金利をとることは法律で出来ないので、消費者金融系だから危ないカードということはありません。
ランキングでは最低と最高がのっていて各社比較されています。

ただ全員がこの最低金利で契約出来るわけではありません。借りる人の信用の度合いによって変わってきます。
信用度がイマイチの場合は、お金を借りることは出来ても貸出金利は高くなる場合があります。
これはたくさんのお金をかりていて借金が多いとかいうことは関係ありません。
あくまでも返せる能力があるかどうかによる判断で決定されていきます。
下限の適用はほとんどありませんから、この部分でカード会社を選ぶよりも審査に通りやすいかとか主婦などでも借りることが出来るかとか、こういう部分で選択していくほうが現実的です。

もしどの会社のカードローンでもつくれるのであれば、銀行系カードローンのほうが金利が低いのでつくる場合はこちらのほうがいいです。
金利は支払い期間が長ければボディブローのように効いてくるので、出来るだけ安いところから借りて、支払いのシュミレーションをしっかりすることが大事です。

主婦が借りるなら金利をしっかり比較しよう

カードローンでの借入は完済するまで必ず返済が付きまといます。
元本+利息=毎月の返済額となるため、家計を預かる主婦なら利息はできるだけ抑えたいですね。
正社員に関わらず、パートでもお給料の金額が少なくても稼いでいる主婦なら消費者金融で借りられます。

しかし銀行カードローンに比べて消費者金融の金利は高めに設定されています。
低金利で借りるなら主婦でも銀行運営のカードローンをオススメします。
主婦借入WEBなら主婦のキャッシングにピッタリな金利が低い銀行カードローンが紹介されています。
申込み前にチェックしておいて損はありません。

金利の疑問まとめ

お金を借りると金利によって利息を計算し、利息分を足して返済します。
少額ずつ返済していると長く利息を払うことになるので余裕があれば返済計画よりも多く返済しましょう。

  • 金利がかからない方法があるって本当?
  • 一部の業者では初めての利用に無利息期間を設定している金融会社もあります。
    返済に時間がかからないとわかっている場合はとても便利です。
    ただし、設定された無利息期間を過ぎると金利がかかるので注意しましょう。

  • 金利はどうやってきまるの?
  • 各社で設定されています。
    融資の利用限度額によって変わってきます。
    多くの場合は借りられる金額が大きいほど、金利は低く設定されているようです。
    借入限度額は審査によって決まります。

  • 自分で計算できる?
  • 申込みから審査後、自分の借入金利がわかったら計算することができます。
    インターネットではシミュレーションできるサイトもあります。
    金融業者のサイトでも試算できる場合もあり人気です。

  • 法外な金利が怖い
  • ドラマなどである法外な金利は銀行カードローンには存在しません。
    知っている銀行の融資なので闇金融で借入してしまう心配もなく安心です。